ユーザーが求めるアプリ開発を|android専用のものを

システム

アプリ部品処理時間

グラフ

HTML5の処理時間

androidのアプリ開発において、各関数の処理時間にどれくらいの時間を要するのかを計測できると、ユーザがアプリコンテンツを利用した際の遅さを改善できます。1秒単位で、処理レスポンスが遅れることで、該当のアプリの利用をやめたり、WEBサイトへのアクセスをやめてしまう割合が増えます。10秒応答しないだけで、20パーセントのandroidユーザは離れていくといわれています。そのため、処理時間を細かく解析できる機能は、アプリ開発においてとても有効な機能となります。HTML5では、スクリプト等の呼び出し等で、別リソースへのアクセスを行った場合の処理時間をロギングできる機能があります。更にその処理時間単位は、通常ミリ秒単位での取得となりますが、マイクロ秒単位での取得ができます。

高性能処理時間取得

マイクロ秒単位の精度の時刻を、HTML5アプリ開発において取得できるようになりましたが、注意点として、ロギングを必要以上に行わないようにすることが必要です。ロギング処理自体にも、少なからず処理時間がかかっています。またロギング情報をリアルタイムにファイルIOとして出力をするような設計にしている場合には、それもメモリを利用する等の工夫を行います。これはファイルIO自体にも処理時間がそれなりにかかるため、本来目指す処理時間の短縮と逆行したアプリ開発になってしまうことを避けるためです。また、ロギング内容は変えずに、当初のパフォーマンス測定と、改良を加えたパフォーマンス測定を行うことで、ロギング処理以外の処理時間を正確に測ることが重要です。

デバイス性能把握

スマホ

アプリ開発を始める場合には、ブラウザのバージョンを踏まえて行なう必要があります。また、各デバイスに対応できるものを作るためにも、ネガティブアプリを構築することが大切です。

もっと知ろう

メッセージ通信機能

スマートフォン

異なるWEBサイトでの情報の共有などは、現在では必須機能と行っても過言ではありません。アプリ開発に関しても、簡潔にコーディングが出来るうえ、暗号化などでの対策によりセキュリティレベルも保持でき、とても利用価値のある機能です。

もっと知ろう

スマホアプリの活用方法

PC

iosのアプリ開発の需要の高まりと、スマートフォンを持つ人の多さによって、アプリ開発に挑戦しようという人は増えています。これから挑戦したい人は、ネット上にあげられている先人たちが残したプログラムやアプリ開発の手法を探すことが大切です。また、ソフトの解説が英語表記のときがあるので、多少の英語力が必要になります。

もっと知ろう