ユーザーが求めるアプリ開発を|android専用のものを

デジタル信号

メッセージ通信機能

スマートフォン

HTML5メッセージ機能

異なるWEBサイト間で、情報を共有する・引き継ぐ。といったサービスはSNS八重コマースサイトでは、必須機能となってきています。例えば予約サイトにログインして予約した店舗情報を、別でログインが必要なSNSサイトにUpするといった場合、ログインアカウント・パスワードといった情報を共有せずに、しかしセキュアな手法で情報を共有する場合に、HTML5で追加となったWebMessaging機能を使用したアプリ開発が可能です。これまでは、マルチブラウザ・マルチプラットフォームに対応するため、スクリプトを多様化して実現しており、コーディングが煩雑になっていましたが、HTML5で記述することで、セキュアに簡潔にWEBアプリ開発が行えます。セキュリティレベルを保持できるので、とても利用価値のある機能になります。

API機能詳細

WebMessaging機能のAPIは、C言語等でも使われているPostMessageメソッドをアプリ開発に組み込みすることで、クロスドメインを呼ばれる異なるWEBサイト間でのデータ共有・通信が可能となります。PostMessageを利用するため、メッセージの送受信を行うためのWindowが表示がされなくとも、必要となります。メッセージのコンテキスト情報をハンドリングするために必要なアプリ開発設計となります。ここまでの設計を行うことで、メッセージ送受信を行うハンドシェイクロジックを組み込みすることで、異なったドメイン間のデータ共有を行うことができます。メッセージ自体がフルフラットなデータにならないように、暗号化を行うなどの対策を施すことでセキュリティレベルを保持したアプリ開発が実現できます。