ユーザーが求めるアプリ開発を|android専用のものを

デジタル信号

デバイス性能把握

スマホ

HTML5デバイス情報

スマートデバイスそれぞれのデバイス固有の性能は、ネイティブアプリを構築すれば、取得することが可能になります。CPUの処理速度やバッテリー残量、利用ネットワーク情報等を取得することで、そのスマートデバイスに合わせたアプリの動作をさせるようなアプリ開発を行うことが可能です。但し、ネイティブであるため、プラットフォーム毎のアプリ開発を行う必要があります。HTML5では、WEBアプリでありながら、システムインフォメーションAPIを使用して、ネイティブアプリ同様に、スマートデバイスの情報を取得することが可能になります。更にワンソースで管理ができるため、アプリ開発者にとって、とても生産性と品質を担保できる魅力のある機能になります。

デバイス情報の詳細

HTML5のシステムインフォメーションAPIでは、CPUの負荷率、バッテリーの利用状況、CPUの詳細情報、メモリ情報、ストレージ残量等を取得することができます。これまでのWEBアプリ開発では、これらの情報を取得することができなかったため、処理スペックの低いスマートデバイスに合わせた開発を余儀なくされてきましたが、このAPIを使用することで、利用されるスマートデバイスの状況に合わせた動作をするアプリ開発を行うことが可能になります。また、スマートデバイスがどのような処理状況にあるのかを示す、モニターアプリや、サイトサーベイアプリといったアプリ開発も可能になります。このAPIは、対応ブラウザの条件があるため、ブラウザバージョンに注意した設計を行います。